準備

CUEポイントをつけてみよう!

CUEポイント。。。

DJをする中で最重要な項目です。

そんなCUEポイントを初心者向けの方法でつけていきましょう!

マサ
マサ
なんでも基礎が大事

そもそもCUEポイントってなに?

CUEポイントは曲を流し始める場所の印です。その印をつけることによって、スムーズにミックスをすることができるようになります。

今はPCDJなど、デジタル上でつけることができますが、昔はレコードにシールを貼ってCUEポイントをつけていました。

マサ
マサ
進化を感じる!!

とても大事なCUEポイント早速つけていきましょう!

Serato DJでCUEポイントをつける

まずはSerato DJを起動して、CUEポイントをつけたい曲をロードします。

曲のロードはドラッグ&ドロップか、Shift⬅︎です。

ロードするとこんな感じです。

CUEポイントをつける時は

まずは歌い出し、もしくはメロディの入り白い線を合わせます。

プラスにマークをクリックorキーボードの12345を押してCUEポイントをつけます。

歌い出しに合わせたら、画像左にある8をクリックして、左矢印のところをクリックします。

クリックするとちょうど8カウント分戻るので、歌い出し前の8カウントのところにCUEポイントをつけます。

もし、写真のようなボタンがない場合はこちらを参照
Serato DJの設定項目の説明1(DJ preferences > CONTROL PREFERENCES)Serato DJを使い初めて、最初の『ハテナ』は設定の画面だと思います。 こんかいはこのSerato DJの設定...

8カウント戻って、CUEポイントをつけたら、更に8カウント戻して、歌い出しから16カウントのところにもCUEポイントをつけます

全てにCUEポイントをつけたら、名前を変えていきます。

赤枠の部分をダブルクリックすると変更できるので、どういうCUEポイントなのかを入れておくとわかりやすいです。

今回は16カウント前(16)、8カウント前(8)、入り(in)でわかりやすく名前を変えてみました。

入りだけのCUEポイントだけでも良いですが、初めのうちは曲の終わりにもCUEポイントをつけるのをおすすめします。

曲の終わりにCUEポイントをつける

なぜ、曲の終わりにCUEポイントをつけるのか??

曲の終わりにCUEポイントを打つことで、曲の終わり前の16カウントや8カウントの目印がついているので、曲の終わり前のCUE部分で、入りのCUEポイントを押してあげれば、カウントがズレずに綺麗にミックスすることができます。

PCDJだからこそできる技ですが、これで慣れると、カウントの感覚もわかりやすくなるので、おすすめです。

歌い終わりの所に波形を合わせて、CUEポイントを打ちます

同じように8カウント、16カウント戻った所にCUEポイントを打ちます。

全部CUEポイントをつけるとこんな感じです。

まとめ

今回のポイント

CUEポイントは入りだけでなく、終わりにもつけるべし

CUEポイントはDJの基礎の基礎なので、しっかりつけていきましょう!!