機材

PCDJでプレイする為の配線方法と事前準備

さぁ、そろそろ機材も届いて、ワクワク全開な状態ではないでしょうか?

まずはPCDJでプレイする為の機器同士を繋ぐ、配線の接続方法をみていきましょう!

マサ
マサ
これができないと音出ないからね〜

PCとDJコントローラーを接続

まずはPCとDJコントローラーを接続します。

接続って言ってもUSBケーブルでザクっと繋ぐだけです。

上から見るとUSBとしっかり記載があります。

普通のPCにはUSB-Aの端子が最初からついていますが、最近の薄型PCにはUSB-C規格しか対応していないものがあるので、USB-Cしかないパソコンを利用される場合はUSB-Aへの変換コネクタなどが必要になります。

マサ
マサ
ちなみにマサはUSB-Cのみ搭載PCなのでこれ使ってるYO!

DJコントローラーとスピーカーを接続

DJコントローラーとスピーカーはRCAケーブルで繋ぎます 

この赤と白にケーブルを挿します。

赤と白を同じ色に挿しましょう!

スピーカーも同じように差込口があるので、赤と白を合わせて挿し込みましょう。

マサ
マサ
スピーカー側のジャックがこの場合は!?

スピーカー側が3.5mmのステレオプラグの場合は変換ケーブルが必要です。

こんなやつです。

DJコントローラーとヘッドフォンを接続

DJにはヘッドフォンが必須ですからね。

ヘッドフォンはDDJ-SB2の場合は左側に挿し込む場所があります。

DDJ-SB2のコントローラーの場合は3.5mmのステレオミニジャックとステレオ標準ジャック、両方使用することができます

マサ
マサ
現場は基本的にステレオ標準だよ!
マサ
マサ
ステレオ標準はこれだよ
マサ
マサ
ステレオミニはこれだよ
マサ
マサ
DJヘッドフォンは両方使えるようになってるYO!

これで、接続はOKです。

但し、この状態だとまだ、PCDJをプレイすることはできません。

SeratoDJ Proをアクティベート

これをしないと、DDJ-SB2をコントローラーとして使用することができません。

マサ
マサ
え〜〜っ!

アクティベートすればすぐ使えますよ。

ここでは、AmazonでSerato DJ Proのライセンスコードを購入している程で話を進めていきます。

まずはSerato DJ Proを起動します。

ダウンロードがまだの人は以下を参照してください。

Serato DJをダウンロードして、インストールする方法!DJセット一式をネットで注文したら、届くまで少しもどかしい感じですね。 そんな機材が届くまでに準備できることはしておきましょう! ...

起動したら、MySeratoをクリックします。

Serato DJをダウンロードする時に登録したメールアドレスを入れます。

パスワードも入れてログインしたら、ENTER VOUCHER CODEをクリックします。

コードはこんな感じで届いているはずです。

このコードを入力して、ACTIVATEをクリックします。

DJコントローラーを選ぶようになるので、自分の持っているDJコントローラーをクリックします。

ここではDDJ-SB2をクリックします。

完了すると以下のような画面になり、DJコントローラーが使えるようになります

マサ
マサ
おっしゃー!やっと使えるぜ!!

機材は接続するだけでは使えないので、Serato DJ Proのアクティベートと機器登録をわすれずにしましょう。