準備

Serato DJの設定項目の説明1(DJ preferences > CONTROL PREFERENCES)

Serato DJを使い初めて、最初の『ハテナ』は設定の画面だと思います。

マサ
マサ
いろいろあるけど、どれがどうなの??

こんかいはこのSerato DJの設定の一つ、DJ preferencesのCONTROL PREFERENCES内容について説明したいと思います。

それでは早速いってみましょう!

ここの設定は主にDJプレイに直接関係あるような設定です。

Playback Keys Use Shift

これにチェックを入れると、キーボードのショートカットキーを使用する際に、Shiftを押しながらショートカットキーを押さないと、ショートカットキーを利用できなくなります。

制限されるショートカットキー

再生

一時停止

曲げ

ピッチ+/-

巻き戻し

早送り

検閲

キューポイントへのジャンプ

現場などで、誤ってショートカットキーを押してしまい、曲を止めたり、曲を飛ばしてしまうような現象を防止できます

Lock Playing Deck

再生中のデッキに曲をロードできなくします。

再生中に曲をロードできないようにすることで、誤って曲をロードして、曲がいきなり変わるなどを防止できます。

マサ
マサ
これは便利だね!

Sort Cues and Loops Chronologically

これにチェックを入れると、設定したCUEとLoopを時間順に並べ変えしてくれます。

マサ
マサ
ランダムにCUEやループをつけていた場合とっても便利

Enable Hot Cues

これにチェックを入れると、ホットキューが有効になり、何もCUEが設定されていない曲はcommand or ctrl キーを押さなくてもキューが設定できるようになります。

初めての曲にキューをつける時、とても便利です。

Track End Warning

これにチェックを入れると、曲が終わる、20秒前から警告を出して教えてくれます。

ただし、1分未満の曲には適用されません。

マサ
マサ
最初のうちはONにしとくといいよ!

Disable Needle Search During Playback

これにチェックをいれると、ニードルサーチ(波形をクリックして、曲を飛ばす機能)を再生中はできないようにします。

再生中の曲でニードルサーチを使用したい場合はShiftキーを押しながら、クリックすれば利用できます。

マサ
マサ
酔った勢いで間違えて飛ばすことって結構あるんだよね。

Show Beat Jump Controls

これはとっても便利です。

これにチェックを入れると下のピンク枠の部分が現れます。

マサ
マサ
これなんなの?

これは再生している部分から、選択しているカウント数分前に戻したり、進ませたりすることができます。

この機能を使うと、ミックスがとっても楽になるので、チェックを入れておくのをおすすめします。

なんで楽になるかは、ミックスの練習に記載しておきますね♪

Use Auto Gain

これにはチェックをいれておきましょう!

曲ごとの音量を自動調節してくれます。89dB〜98dBの間で、自動調整するボリュームの大きさを指定できます。

98dBが一番大きな音で、89dBが一番小さな音に自動的にボリュームを調整してくれます。

BRAKEING

初期状態はFASTになっています。FASTはプレイボタンを押した時に、ピタッと止まって、ピタッと曲をスタートできます。

逆にSLOWにレベルをあげて行くと、止める時にレコードのようにゆっくり止まるようにできます。曲を再生するときも、同様にゆっくりはじまります。

マサ
マサ
STARTはお好みだけど、STOPは少しゆるやかに止まるようにするのが好み

ここはお好みで設定しましょう♪

まとめ

よくわからなければ、

  • Show Beat Jump Controls
  • Use Auto Gain

この二つにチェックを入れておきましょう♪